交通広告ドットコム

  • 11電鉄指定代理店
  • OVER 90 YEARS
運営会社:株式会社ムサシノ広告社
創業1930年
交通広告90年以上を誇る歴史と実績

東急 東横線の広告

東急 東横線の広告

東急 東横線の広告

このページでは東急 東横線の基礎情報から、利用者属性・特徴、広告事例を知ることができます。広告出稿の検討にお役立てください。

期間限定 お得なスペシャルプライスプラン

得値情報

各電鉄の電車広告・駅広告の特別料金が適用されるキャンペーン情報です。お気軽に「お問い合せ」ください。

東急 東横線とは

東急 東横線イメージ

東急 東横線(写真:PIXTA)

東急 東横線路線図
基礎情報
輸送人員 123.5万人/1日
駅数 21駅
総路線距離 24.2㎞
乗り入れ 東京メトロ有楽町線・副都心線、東武東上線、西武池袋線

データ:2019年現在

東急東横線は、東京都の渋谷駅と神奈川県の横浜駅を結ぶ東急電鉄の鉄道路線です。
平均輸送人員は、田園都市線に次いで2番目の多さです。

沿線には若者に人気の渋谷や、トレンドが集まる官山町、中目黒、自由が丘、住宅が立ち並ぶ田園調布、武蔵小杉などの街があります。JR東日本の湘南新宿ラインと競合関係にある渋谷駅~武蔵小杉駅~横浜駅間では、特別料金不要の特急を運行しています。
2023年3月の相鉄・東急直通線が開業で、二俣川を経由し海老名や湘南台とが結ばれます。

東急 東横線主要駅(ターミナル駅)

渋谷駅
渋谷

東急線以外に東急東横線・田園都市線、東京メトロ銀座線・副都心線、京王井の頭線が乗り入れる都内有数のターミナル駅です。
駅周辺は都内を代表する繁華街で、ファッション・音楽など若者文化発信の街。駅を含む周辺エリアの再開発中が進み、今後も発展が期待できます。

渋谷エリア詳細

自由が丘駅
自由が丘

東急東横線・大井町線の接続駅です。
東京の城南地区を代表する住宅街でもあり多くの人が訪れる商業地でもあります。

武蔵小杉駅
武蔵小杉

古くは工業地帯として栄えてきましたが近年は再開発が進み超高層タワーマンションが建ち並ぶ近代的な住宅街として発展を続けています。
JR南武線と東急東横線の接続駅として長らく運用をしてきましたが、2010年JR横須賀線にも駅が新設されたことでさらに利便性が増しています。

横浜駅
横浜

日本の鉄道は、横浜駅と新橋駅(現在の新橋駅とは違う場所)の開通から始まりました。
JR以外にも東急東横線、京浜急行線、相鉄線、横浜市営地下鉄が接続する神奈川県内最大のターミナル駅です。
駅周辺は、商業地・ビジネス地として栄え、横浜市の中心にふさわしい風格を持ち合わせています。

横浜エリア詳細

東急 東横線の利用者と他路線との違い

東急 東横線利用者が他の路線に比べてどのような傾向があるのかを数字・グラフを用いてお伝えいたします。

性別

  1. 「首都圏路線平均」「東急線路線平均」に比べ、女性の比率が顕著に高い
  2. 女性の比率の高さは、首都圏全路線内で『4位』、東急線路線内で『1位』
東急 東横線利用者の性別
  男性 女性
東急 東横線 54.1% 45.9%
首都圏 路線平均 55.6% 44.4%
東急線 路線平均 55.8% 44.2%

女性の割合が高い路線ランキング

首都圏全路線内
  路線名
1位 京葉線(JR東日本)
2位 総武本線(JR東日本)
3位 東上線(東武線)
4位 東横線(東急線)
5位 大江戸線(都営地下鉄)
東急線路線内
  路線名
1位 東横線
2位 田園都市線
3位 大井町線
4位 目黒線

年齢

  1. 「首都圏路線平均」「東急線路線平均」に比べ、50代の比率がやや高い
東急 東横線利用者の年齢
  10代(12歳~19歳) 20代 30代 40代 50代 60代
東急 東横線 9.2% 17.8% 20.0% 21.0% 18.9% 12.9%
首都圏 路線平均 10.6% 19.0% 18.0% 20.8% 17.3% 14.5%
東急線 路線平均 8.2% 16.3% 21.0% 22.4% 17.7% 14.2%

職業

  1. 「首都圏路線平均」に比べ、主婦の比率が高い
  2. 「首都圏路線平均」「東急線路線平均」に比べ、大学院生の比率が顕著に高い
  3. 大学院生の比率の高さは、首都圏全路線内で『3位』、東急線路線内で『2位』
東急 東横線利用者の職業
  給料事務・研究職 給料労務・作業職 販売・サービス職 経営・管理職 専門職・自由業 商店、工場、サービス業の自営業 農・漁・林業 主婦・主夫(既婚のみ。但しフルタイム勤務の方を除く) 無職
東急 東横線 28.1% 7.0% 13.0% 8.1% 5.4% 3.8% 0.0% 16.2% 1.6%
首都圏 路線平均 27.2% 9.0% 13.6% 8.2% 4.4% 1.9% 0.1% 14.7% 3.3%
東急線 路線平均 30.4% 7.0% 13.1% 8.9% 5.1% 2.8% 0.0% 16.1% 1.6%
東急 東横線利用者の職業
  中学生 高校生(高専・高等専修学校含) 短大生 大学生 大学院生 専門学校生・専修学校生 各種学校生(料理学校・ビジネス学院など)・予備校生 その他
東急 東横線 1.1% 2.7% 0.0% 7.6% 1.6% 0.5% 0.5% 2.7%
首都圏 路線平均 1.6% 5.4% 0.2% 6.9% 0.4% 0.9% 0.4% 1.8%
東急線 路線平均 0.7% 3.0% 0.0% 7.9% 0.9% 0.7% 0.5% 1.2%

大学院生の割合が高い路線ランキング

首都圏全路線内
  路線名
1位 目黒線(東急線)
2位 南北線(東京メトロ)
3位 東横線(東急線)
4位 総武線快速・横須賀線(JR東日本)
5位 東西線(東京メトロ)
東急線路線内
 
  路線名
1位 目黒線
2位 東横線
3位 田園都市線
4位 大井町線

学歴

  1. 「首都圏路線平均」に比べ、大学卒、大学院卒の比率が高い
東急 東横線利用者の学歴
  中学校 高等学校・高等専修学校 短大・高専・専門学校 大学 大学院(修士・博士) 在学中
東急 東横線 1.6% 13.0% 20.5% 42.7% 7.6% 14.1%
首都圏 路線平均 1.4% 18.0% 20.0% 39.2% 5.4% 16.0%
東急線 路線平均 1.4% 15.0% 19.6% 42.3% 7.7% 13.8%

勤務先の業種(主要業種のみ)

  1. 「首都圏路線平均」「東急線路線平均」に比べ、教育の比率が顕著に高い
  2. 教育の比率の高さは、首都圏全路線内で『4位』、東急線路線内で『3位』
東急 東横線利用者の勤務先の業種
  食品、飲料メーカー 精密機械、電機、電子メーカー 卸売、小売業 飲食業 金融、証券、保険業 運輸業、倉庫業 通信業、情報サービス業 建設、土木、建築業 医療、福祉 教育 政府、公共機関 法人、団体、農協
東急 東横線 1.6% 6.5% 6.5% 4.3% 4.9% 3.8% 6.5% 2.7% 7.0% 7.6% 1.6% 0.5%
首都圏 路線平均 2.1% 4.2% 6.8% 4.5% 3.9% 2.6% 8.5% 3.0% 6.4% 4.0% 2.8% 2.4%
東急線 路線平均 1.9% 6.1% 7.0% 4.4% 5.6% 2.6% 8.2% 3.5% 5.8% 6.5% 1.6% 1.6%

教育従事者の割合が高い路線ランキング

首都圏全路線内
  路線名
1位 目黒線(東急線)
2位 大井町線(東急線)
3位 副都心線(東京メトロ)
4位 東横線(東急線)
5位 南北線(東京メトロ)
東急線路線内
  路線名
1位 目黒線
2位 大井町線
3位 東横線
4位 田園都市線

勤務先の役職

  1. 「首都圏路線平均」「東急線路線平均」に比べ、役員クラス、部長、部次長・部長代理クラスの比率が高い
東急 東横線利用者の勤務先の役職
  役員クラス 本部長・事業部長・局長クラス 部長クラス 部次長・部長代理クラス 課長クラス 課長代理・係長クラス 一般社員 その他
東急 東横線 3.2% 1.1% 3.8% 3.8% 3.2% 5.9% 29.2% 26.5%
首都圏 路線平均 3.0% 0.6% 2.3% 1.6% 5.8% 8.2% 31.0% 23.3%
東急線 路線平均 3.7% 0.9% 2.6% 3.0% 4.9% 8.2% 28.7% 26.9%

世帯年収

  1. 「首都圏路線平均」「東急線路線平均」に比べ、1,000万円以上の比率が顕著に高い
  2. 1,000万円以上の比率の高さは、首都圏全路線内で『5位』、東急線路線内で『3位』
東急 東横線利用者の世帯年収
  300万円未満 300~500万円未満 500~700万円未満 700~1000万円未満 1000万円以上
東急 東横線 14.0% 17.8% 16.2% 21.1% 30.3%
首都圏 路線平均 12.1% 19.3% 20.4% 26.2% 21.6%
東急線 路線平均 13.5% 14.3% 18.0% 27.3% 26.3%

世帯年収1,000万円以上の割合が高い路線ランキング

首都圏全路線内
  路線名
1位 東海道新幹線(JR東日本)
2位 目黒線(東急線)
3位 三田線(都営地下鉄)
4位 大井町線(東急線)
5位 東横線(東急線)
東急線路線内
  路線名
1位 目黒線
2位 大井町線
3位 東横線
4位 田園都市線

金融資産

  1. 「首都圏路線平均」に比べ、2,000万円以上の比率がやや高い
東急 東横線利用者の金融資産
  300万円未満 300~500万円未満 500~1000万円未満 1000~2000万円未満 2000万円以上
東急 東横線 40.0% 10.3% 19.9% 10.2% 19.5%
首都圏 路線平均 41.1% 10.2% 19.2% 12.7% 16.4%
東急線 路線平均 37.8% 10.5% 18.7% 12.8% 20.0%

家賃

  1. 「首都圏路線平均」「東急線路線平均」に比べ、7~8万円台、11~15万円台の比率が高い
東急 東横線利用者の家賃
  5万円未満 5~6万円台 7~8万円台 9~10万円台 11~15万円台 16万円以上
東急 東横線 4.3% 4.3% 9.7% 6.5% 7.0% 2.2%
首都圏 路線平均 3.9% 6.0% 7.9% 4.6% 5.5% 0.9%
東急線 路線平均 3.7% 3.0% 8.2% 7.2% 6.1% 1.4%
  • 当社広告計画総合支援システム「MARS」より、各路線利用者データを抽出し集計

東急 東横線の広告媒体と料金

東急 東横線の広告媒体一覧です。料金はリンクをクリックして各電鉄の詳細ページでご確認ください。

電車広告

駅広告

検索アイコン他にもこんな路線があります

このページの先頭へ