小田急線の交通広告・電車広告・駅広告

小田急線 交通広告

小田急線 交通広告

国内最大のターミナル駅である新宿より神奈川県西部及び南部を結ぶ大手私鉄。
沿線には箱根を代表とする関東圏有数の観光地があります。

小田急線 交通広告の特徴

  1. 新宿から神奈川県西部及び南部エリアをカバー
  2. 関東圏有数の観光地への移動手段として活用される

小田急電鉄は新宿から神奈川県中部・西南部の小田原まで伸びる小田原線のほか多摩線と江ノ島線の3線を有し、70駅120.5営業キロで1日の利用者数は約195万人となっています。
千代田線との相互直通運転により都心へのアクセス性は高く、また、広告ターゲットとして箱根や江ノ島へ向かう観光客を狙うことも可能です。

小田急線 交通広告 媒体一覧

電車広告

駅広告